中国・香港・台湾投信・ETF

エクセレントカンパニー厳選投資・評判の『三井住友ニュー チャイナファンド』の今後の見通しは?運用成績と合わせて解説

 

資産運用を考えている人の中には「中国」への投資を検討している人は多いのではないでしょうか。

中国への投資を考えるのであれば、会社員の方であればまず投資信託でしょう。

 

中国については以下の記事で論じていますが、

投資信託を購入する場合、つまり企業の運用のプロに任せる場合は、

どのくらいのリターンが実際に見込まれるのでしょうか?

 

<中国株式投資マップ>国(経済)・株式市場のファンダメンタルズ分析・為替リスク・有望銘柄を紹介。

 

今回はその投資信託で中国株を組み入れている

「三井住友ニュー チャイナファンド」

の運用状況と、今後の見通しを解説していきたいと思います。

その他の中国投資信託については以下で分析をしているので参考にしてみてくださいね。

 

【中国株投資信託】10商品を比較検討・おすすめの投資先は結局どこなのか?

 

 

三井住友ニュー チャイナファンド- 概要と運用方針 –

三井住友ニュー チャイナファンドは海外のアジア株式を対象に運用をする「ファミリーファンド」です。

三井住友ニュー チャイナファンドの仕組み

参照:目論見書

 

 

ファミリーファンドと言えば、以前に紹介している「UBS中国株式ファンド」と、

「HSBCチャイナオープン」と同様の形態ですね。

 

 

投資方針は以下のように開示されています。

 

① エクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

中国国内で事業展開している企業の中から、中長期的な運用視点に基づき、 各業種毎に競争力の強いエクセレント・カンパニーに厳選して投資します。

② 新規公開企業にも選別投資します。

中国を代表する企業の新規公開にも着目し、 選別投資することにより、より高い収益確保を狙います。

③ 外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

④ 実質的な運用はスミトモ ミツイ アセットマネジメント(ホンコン)リミテッドが行います。 

 

運用プロセスも細かく開示されています。

三井住友ニューチャイナファンドの運用プロセス

 

5000銘柄から500-550銘柄まで絞り込み、各拠点アナリストやファンドマネジャーが企業訪問を行い調査、分析。

 

アナリスト会議→香港、東京、上海支店で投資方針を決定したあとに、ファンドマネジャーが銘柄を選定しています。

主要組み入れ銘柄は以下の通りとなっています。

 

三井住友ニューチャイナファンドの構成上位10銘柄

参照:月報

 

ケイマン諸島となっていますが、これはタックスメリットを生かしているアリババと騰訊ですね。

中国株投資信託は基本的にアリババと騰訊は必ず組み入れていることがわかります。

 

三井住友ニュー チャイナファンドは中国経済の今後の成長を見越し、株式投資を実行し、運用益を上げていく方針ですが、どのくらいのパフォーマンスを実際に出しているのでしょう。

 

 

三井住友ニュー チャイナファンドの運用成績・パフォーマンス

三井住友ニュー チャイナファンドはベンチマークを設けていないので、

基準価額、トータルリターンを見ていきましょう。

 

以下は三井住友ニューチャイナファンドの成績です。分配金を拠出しなかった場合の税引前分配金齋藤気基準価格は参考指数であるMSCIチャイナと同等の成績となっています。

実際には、分配金を出した時に税金が拠出されるため黄色のような成績にはなりません。

 

三井住友ニューチャイナファンドの基準価格の推移

参照:月報

 

殆ど指数と同等の成績とみてよいですね。

 

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータルリターン 51.68% 11.06% 16.54% 11.83%
カテゴリー 43.03% 10.86% 16.04% 10.83%
+/- カテゴリー +8.65% +0.20% +0.50% +1.00%
標準偏差 21.97 21.11 17.73 21.59
カテゴリー 23.50 22.03 19.00 22.94
+/- カテゴリー -1.53 -0.92 -1.27 -1.35
シャープレシオ 2.35 0.52 0.93 0.55
カテゴリー 1.85 0.49 0.84 0.47
+/- カテゴリー +0.50 +0.03 +0.09 +0.08
ファンド数 45本 38本 35本 33本

 

トータルリターンは年率でそれぞれ1年で51.68%、3年で11.06%、5年で16.54%、10年で11.83%となっています。

各期間の利回りは優秀な部類に入っています。

これだけでは本当の三井住友ニューチャイナファンドの真の実力は測れませんので、

他の中国株式ファンドと比較してみましょう。

 

他の中国株投資信託との比較

今回は以下の4つの投資信託を比較してみました。

  • 三井住友ニューチャイナファンド
  • 三菱UFJチャイナオープン
  • HSBCチャイナオープン
  • UBS中国株式ファンド

を比較してみました。

 

基準価額、純資産は 2021年03月26日 現在
トータルリターン等評価情報は 2021年02月28日 現在

ファンド名 三井住友・
ニュー・
チャイナ・
ファンド
三菱UFJ
チャイナ
オープン
HSBC
チャイナ
オープン
UBS
中国株式
ファンド
販売手数料 3.3% 3.3% 3.3% 3.3%
信託報酬等(税込) 1.98% 1.67% 1.98% 1.97%
トータルリターン
1年
51.68% 44.40% 39.60% 34.28%
トータルリターン
3年(年率)
11.06% 12.45% 8.79% 13.90%
トータルリターン
5年(年率)
16.54% 17.39% 16.48% 24.00%
トータルリターン
10年(年率)
11.83% 11.87% 11.37% 16.30%
シャープレシオ
1年
2.35 1.80 1.62 1.83
シャープレシオ
3年
0.52 0.55 0.39 0.69
シャープレシオ
5年
0.93 0.91 0.85 1.36
シャープレシオ
10年
0.55 0.54 0.48 0.76
標準偏差1年 21.97 24.73 24.43 18.73
標準偏差3年 21.11 22.47 22.64 20.07
標準偏差5年 17.73 19.09 19.45 17.63
標準偏差10年 21.59 22.14 23.86 21.45

 

5年までは相対的に平均的な成績ですが、10年でみるとUBS中国株式ファンドが圧倒していますね。

中国株に投資しているファンドの中では優れた成績というわけではなさそうです。

 

三井住友ニュー チャイナファンドの高い手数料

最後に三井住友ニューチャイナファンドの手数料を確認しておきましょう。

三井住友ニューチャイナファンドの購入手数料は3.24%(税抜3.00%)ですね。

 

中国株式で運用する投資信託と購入手数料の相場は変わりません。

一般的な投資信託のアクティブ型とも手数料は同様です。

 

信託報酬は年率で1.944%(税抜1.8%)となります。

信託手数料はとても高い水準にあります。

 

これは上記で述べたようにマザーファンドを通して、

ボトムアップ型の入念なリサーチによる調査費、

企業訪問などにかかる人件費がかかることから高い値段で設定されています。

 

参考までに、以下は金融庁が発表している日本の投資信託のアクティブ型の手数料平均です。

金融庁が出している国内投資信託の手数料とリターンの関係

参照:金融庁

 

 

平均値と比べても、やはり海外投資ですから、コストは高くなってしまいますね。

 

三井住友ニュー チャイナファンドのまとめ

三井住友ニューチャイナファンドは、

株価上昇が期待される中国株を厳選して投資運用するまさに中国株の「プロ」である位置付けで、

一般投資家を集めていますが、すでに株式バブルは終えております。

 

暗雲垂れ込める中国株式市場への投資の是非を現状と見通しを分析!おすすめできる個別銘柄はあるのか?

 

今後の中国の見通しを考えると、

基準価額も低下しており、トータルリターンもこの1年はマイナス運用ですので、

あまり魅力的な投資先とは言えません。

 

もし魅力的な投資先を探しているのであれば、私が独自で作成している新興国投資関連について、

ランキング記事などでおすすめ投資先を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

-中国・香港・台湾投信・ETF

© 2021 新興国株式投資で大きく資産を殖やそう!! Powered by AFFINGER5